25374408594_e115178dff_k
女性なら必ず耳にしたことのあるキーワード「エストロゲン」。
エストロゲンは女性ホルモンの一種で、女性の肌に大きな影響を与えるホルモンです。美しい肌をカラダの中から作り出すためにも肌とエストロゲンの関係について知っておきましょう。

エストロゲンが多いと肌はいつまでも若々しく美しい

7528442650_501ec68757_o
エストロゲンは卵巣で作リ出される女性ホルモンですが、このエストロゲンと肌にまつわる興味深い実験をご紹介します。

1-12820人ほどの女性の年齢を見た目の印象のみで男性に予想してもらいます。

 

2-128実際の年齢よりも若い印象を持たれた女性の血液を調べたところ、エストロゲンの量が多いことがこの研究結果により発表されたのです。
つまり、エストロゲンが多いほど、若々しく見えるということが実証されたのです。

エストロゲンの作用

エストロゲンには、肌老化を引き起こす活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持したりする作用があります。しかし、残念ながら25歳頃をピークとして分泌量が低下することがわかっています。
また、無理なダイエットや過度なストレスもエストロゲンを減少させます。加齢による減少はしょうがないことですが、生活習慣の乱れにより減少させるようなことは避けたいですね。
また、エストロゲンは薬などで摂取するのは大きなリスクをともなうので、婦人科治療等で必要な場合を覗いてはできないのが現状です。

iconmonstr-light-bulb-18-240卵巣機能の働きに合わせて変化するエストロゲン

エストロゲン変化図_001

エストロゲンは卵巣で分泌される妊娠・出産のためのホルモンです。図で示したように20代の頃にもっとも多く分泌され、25歳頃でピークになります。
そして、30代後半から徐々に減少傾向に入り始め、さらに更年期を迎えるころに急激に減少すると言われています。

プロゲステロンとは!?

プロゲステロンは、排卵直後から卵巣でつくられる女性ホルモンのひとつで黄体ホルモンとも呼ばれます。排卵する際に、成熟した卵子はそれまで入っていた卵胞という袋から飛び出します。排卵後に卵巣に残された卵胞が黄体化して内分泌組織が形成されてプロゲステロンが分泌されていきます。

黄体は排卵から2週間前後存在しているので、その間、つまり次の生理が始まるまでの間は分泌量が増え、主に受精卵が着床しやすいよう子宮内膜をやわらかくし、体温を上げる作用があるため「妊娠を助けるホルモン」ともいわれます。
主な作用として簡単に紹介すると

  • 基礎体温を上げる
  • 支給内膜を維持してくれる
  • 乳腺を発達させる

等がおおまかに挙げられます。
エストロゲンとの分泌量の入れ替わりがうまくできていなかったり、分泌量が多すぎたりすると感情が不安定になったり、肌荒れや便秘を引き起こすのもプロゲステロンの作用です。多ければいいというものではなく、エストロゲンとのバランスがとれているかどうかが大切です。

エストロゲンを増やす方法

25743754060_e9ef8705fe_k
25歳を過ぎて減少傾向に陥るエストロゲン分泌を正常に安定させ美肌つくりを維持するためには食環境、睡眠環境を改善し、血行促進を促す方法を考え極力ストレスのない生活習慣にしていくことが大切です。

  • 過度のダイエットは絶対NG!
  • 良好な恋愛関係
  • 良質な睡眠
  • 適度な運動
  • 余計な冷えは大敵

iconmonstr-synchronization-11-240過度のダイエットは絶対NG!

基本的にエストロゲンを増加させるような食事は穀物類などに多く含まれており、過剰な断食や我慢を重ねるダイエットを行うと肌がかさつき、髪が潤いをなくし痩せることはできても女性らしさが失われてしまいます。

iconmonstr-synchronization-11-240良好な恋愛関係
恋愛による高揚感や感動を感じることでエストロゲンの分泌が増加します。また擬似的な恋愛や音楽コンサート等の娯楽を行うことで、エストロゲンは増大します。

iconmonstr-synchronization-11-240良質な睡眠
睡眠不足が続くと正常な性腺刺激ホルモンの分泌が出来なくなり、エストロゲンが減少します。エストロゲン分泌には、良質な睡眠が欠かせません。またゴールデンタイム22:00~2:00の良質な時間の睡眠はよりエストロゲンを分泌してくれるので意識しましょう。

iconmonstr-synchronization-11-240適度な運動
適度な運動で体温や代謝量を上げる事で、内蔵機能を促進します。また骨盤周りのストレッチをすることで血の流れを改善し、エストロゲンの分泌を助ける効果があります。

iconmonstr-synchronization-11-240余計な冷えは大敵
女性特有の冷え性、エストロゲン分泌とも深くかかわっています。
女性は男性よりも体温が0.3~0.5℃ほど体温が低く冷え性になりやすいのです。身体が冷えると血の流が悪くなり、当然エストロゲンの分泌は悪くなります。冷え性の女性は極力冷えが出ないよう生活面で工夫をしていきましょう。

このようにエストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれるぐらい肌との密接な関係があります。、この作用で肌に張りと弾力がでて若々しい印象を持てます。また、体内に水分を蓄えるよう働きかけ、肌の潤いがアップし、血管拡張作用により肌色も良くなります。
また、抗酸化作用もありアンチエイジングもに効果的といいことずくめなのです。