stains-mechanism

商品パッケージのイメージだったり、「ホワイト….」というような商品名だったりと、これらも全部美白化粧品だったりと誤った認識をされている方が実に多いようです。

美白化粧品とは、美白成分がきちんと配合されているものをさします。ただ、雰囲気だけで選んでいると、美白成分が入っていないこともあるのでよく自分で確かめてから購入するべきです。

では一体美白成分とはどんな働きをしてくれるのでしょうか!?ここでは美白成分の特徴や効果を知識として身につけましょう。

紫外線によるシミができる流れと美白成分の働き

皮膚が紫外線に晒されると、肌の中で「メラニンを作れ!」という指令がでます。そこで、メラニン色素が作られ始めるのですが、このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分の働きです。ただし、同じ美白成分とはいえ、成分によって働きかけるタイミングが異なります。

とかく、美白というと肌全体を真っ白にしてくれるものと思われがちですが、それは誤解です。

メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きですから、ニキビ跡の赤みなどのメラニン色素によるものでない色は白くすることが出来ません。ただし、ビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みに有効です。

紫外線によるシミのできる流れと美白成分の働き

メラニン色素が作られる際に肌内部で起こる反応を、どこかで抑える働きをもつのが美白成分です。どの段階に作用するかで以下のように分類することができます。

Step1:メラニンをつくる指令が出される

紫外線が表皮細胞にあたると、肌内部を守ろうとして表皮細胞から「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。これらの物質がシミの根本となるメラノサイトに「メラニンを作れ!」と指示を出すのが第一歩。

Stop美白成分:指令物質を抑制

メラニン色素を作れ!という指令を与えているエンドセリンなど情報伝達物質の働きを邪魔する。

  • カモミラET
  • トラネキサム酸

Step2:チロシナーゼの働きを抑える

エンドセリンなどの情報伝達物質がメラノサイトに届くと、メラノサイトの中でメラニン色素が作られ始める。はじめに作られるのが「チロシン」というアミノ酸。
次にメラノサイトにのみ存在する「チロシナーゼ」という酸化物質が働いて、すぐにメラニン色素へと変化してしまう。

Stop美白成分:チロシナーゼの働きを抑える

メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼの働きを抑える。美白化粧品のほとんんどはこれに該当する。

  • ア・ルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • トラネ・キサム酸
  • 油溶性天草エキス(グラブリジン)など

 

チロシナーゼを減らす

メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼ自体を減らすように働く。
・リノール酸

Step3:表皮細胞へ送り込まれる

メラノサイトで作られたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け渡されていき、ターンオーバーとともに角層へと上がっていく。

コラム:メラニン色素が肌に居座りシミの原因に

通常メラニンは、ターンオーバーとともに排せつされていきます。しかし、なんらかの影響でメラノサイトの過剰な活動が収まらず、メラニン色素が作られ続けると、シミとなって残ってしまいます。

その他にも、ターンオーバーが遅くなってメラニン色素が残ってしまう場合もあります。加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因も大いに影響しています。

知っておくとお得!?日本人のメラニンの種類は?

大きく分けて私たちの肌は、黒人(African)、アジア人(Asian)、白人(Caucasian)の3つに分類されます。

それを分けるのは、メラニン色素の比率です。メラニンには、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、ユーメラニンは、褐色~黒色のメラニン、フェオメラニンは、黄色~赤色のメラニンで、肌の色も髪の色も、このユーメラニンとフェオメラニンの多い・少ないで決まります。

髪の場合は、金髪は黄色のフェオメラニン、赤毛は赤色のフェオメラニンにユーメラニンが混ざったものです。黒髪は、ほとんどがユーメラニンです。

日本人は欧米人(白人種)に比べて皮下組織が厚いといわれています。

皮下組織とは主に皮下脂肪が多く存在する層です。日本人は欧米人に比べて皮膚にシワができにくく、丸みがあって若々しく見えるのは皮下脂肪が多いことが要因の一つかもしれません。

欧米人には日本人の顔が童顔に見えることが多いといいます。

紫外線量と肌の中のメラニン量の関係性

秋冬の紫外線量低下に比例して肌の中のメラニン量も減っていくと勘違いしている人をたまにみかけます。

でも、実感として

「日焼けの後が中々消えない」 「秋の方が肌がくすみがち」

といった経験もあると思います。

秋冬の紫外線量が低下する時期でも、肌の中にあるメラニン量が減らないことは今では美容業界の間では常識です。
秋冬の肌の中には、夏とさほど変わらないメラニンが存在します。夏に浴びた強い紫外線の影響もありますが、実はそれだけが原因じゃないことも興味深い事実ですね。

秋冬は逆に乾燥しやすいので、この乾燥がメラニンの生成を促す原因なのです。秋冬のシミを防ぐコツは乾燥と美白ケアの両方がマストということです。

まとめ

メラニンの働きを正常なものにするためには、肌に紫外線や摩擦などの刺激を与えないことと、ターンオーバーを乱さない生活習慣を保つことが大切なのです。

秋冬は、これらの原因に、乾燥もプラスされてくるので、徹底的なUVケアに保湿も欠かさないようにしましょう。